第三者機関を使えばより安心!?新築一戸建て検査の基本情報を分かりやすく解説!

こちらのサイトは、新築一戸建ての新居が完成して引渡し前に行われる施主検査について基本情報を分かりやすく解説しています。
施主検査は新築一戸建て検査と呼ばれることもあるのですが、一級建築士など第三者機関を使うことで素人では判断ができない、確認が困難な箇所などのチェックが可能になります。
プロの目で見て貰えるので住宅の不具合箇所をしっかり見極められますし、第三者による検査を実施することは作業者の意識向上にも役立ちます。

第三者機関を使えばより安心!?新築一戸建て検査の基本情報を分かりやすく解説!

新築一戸建て検査は、マイホームが完成して内覧会のときに不具合箇所などを見つけるために行われるものです。
一般的には施主が立ち合いで行うものになるので背主検査と呼ばれることもあります。
最近は、新築一戸建て検査を第三者機関に依頼する人も多くなっているようですが、第三者とは住宅を販売する不動産会社や施工を行った工務店、設計事務所などとは関係ない建築士などの有資格者で、プロによる新築一戸建て検査が可能になるので安心して任せることができます。

新築一戸建て検査は建物の不具合やトラブルなどをチェックする重要な確認

新築一戸建て検査は、新居の引き渡し前に行われる立会検査です。
建築を依頼した施主と建築を担当した施工主の両社立ち会いのもとで行われもので、不具合の有無を確認します。
主に引き渡しの約2週間前が多くなっており、これは問題があった際の修理期間や天気などを考慮したものとなっています。
新築一戸建て検査に要する時間は約2時間ほどです。
基本的に土日の9時から10時頃から開始しており、外内部をしっかりと確認するために必要な時間となっています。
チェックすべき部分としては水道・ガス・電気(各部屋の照明や換気扇など)、コンセントの位置や数など他であり、基本的に施主と施工主の立ち会いのもとで行われますが、第三者検査を利用することでトラブルを避ける方法もあります。
人生の1度の経験であろう施主が実際に不具合を確認するのは難しい場合がありますが、そのような不安を抱える場合は第三者機関に依頼しておくと立会検査の品質を向上させられるため、万が一のトラブル確認時の対応もスムーズになります。

新築一戸建て検査は引渡し前と建設途中などタイミングがある

高額な買い物となる注文住宅を建てる方は、信頼できる工務店やハウスメーカーであっても人的ミスを起こしてしまう可能性はゼロではないので、新築一戸建て検査を第三者機関に依頼をすることでミスや手抜き、施工上の技術の問題点などを全てチェックすることを可能にします。
利用するタイミングは完成後に行う方が多い傾向にありますが、実際には新築一戸建て検査を行う会社側では建設途中から施主が希望する段階で仕事依頼を行えます。
良いタイミングの事例では基礎が完成した段階をあげることができ、重たい住宅を支える重要な部分になるので依頼する価値は十分にあります。
次は木造住宅であれば柱や梁を組んでスケルトンの状態になった時点でも依頼することはベストです。
この場面では住宅の耐震性に大きく影響する部分なので、木材同士の組み合わせ部分に対する強化対策の確認も重要です。
壁一面に対する木材の本数の検査など不足していると判断される可能性もあるので、各段階で検査依頼をしておくと家族揃って耐久性に優れた住宅で安心生活を送ることができます。

引渡し前の新築一戸建て検査は完成検査で丁寧に確認することが求められる

引越し前の新築一戸建て検査では、完成検査で丁寧に確認することが求められるのではないでしょうか。
新築一戸建て検査は家の購入と、入居における重要なもので、施主も施工主も軽視することができないです。
この段階で確認を疎かにしたり、後々になって問題が発覚すると、大きなトラブルに発展するので注意が必要です。
説明の理解と質問には住宅に関する専門的な知識が必要なので、施主は新築一戸建て検査の前に、一通り勉強することをおすすめします。
説明を聞いて必要な情報が含まれているか、丁寧かどうか判断できれば、住宅と施工主の信頼性が見えてきます。
また不足や不明な点を質問することで、更に理解を深められますし、安心して引越しできるようになります。
新築一戸建て検査が曖昧だったり、手を抜くようなことがあると、施工主の信頼は一気に落ちてしまいます。
不備を隠していると疑わざるを得ない状況が発生すると大変ですから、実績と信頼のある施工主に任せて、しっかりと細部に至るまで確認してもらうことが大事ではないでしょうか。

新築一戸建て検査を実施するときにはチェックリストを使うのがおすすめ

施主と施工主が立ち会う新築一戸建て検査は、マイホーム取得の最終段階になります。
両社が立ち会うことで不具合のないことを確認してから引き渡しが行われます。
ほとんどの方にとってマイホームを持つことは一生に1度なので、どうしたら良いかわからないかもしれません。
そんなときに用意しておいてほしいのが、チェックリストです。
新築一戸建て検査で必ずチェックしてほしいポイントとしては、建物の基礎と外壁、屋根やバルコニーを目視確認してください。
また外構工事をしている場合はフェンスのグラつきやひび割れなどの有無を確認しておきましょう。
屋内では各部屋壁・床・天井などをチェック、壁紙に隙間があったり、膨らみがないことを確認しておきます。
ウォーキングクローゼットやタンスなどの収納スペースの開閉がスムーズであるか、キッチンや洗面台やトイレや浴室の排水のチェック、各部屋の照明の点灯と消灯も大切です。
さらに普段は見ることのできない点検口の場所と周囲も見ておきましょう。
点検口内部は暗いため、懐中電灯があると便利です。
新築一戸建て検査では、あらかじめ確認しておきたい場所をチェックリストに記載しておくとよいです。

新築一戸建て検査に関する情報サイト
新築一戸建て検査について解説

こちらのサイトは、新築一戸建ての新居が完成して引渡し前に行われる施主検査について基本情報を分かりやすく解説しています。施主検査は新築一戸建て検査と呼ばれることもあるのですが、一級建築士など第三者機関を使うことで素人では判断ができない、確認が困難な箇所などのチェックが可能になります。プロの目で見て貰えるので住宅の不具合箇所をしっかり見極められますし、第三者による検査を実施することは作業者の意識向上にも役立ちます。

Search