第三者機関を使えばより安心!?新築一戸建て検査の基本情報を分かりやすく解説!

第三者機関による新築一戸建て検査はプロの目で見て貰える

"

せっかくマイホームを建てるのだから手抜き工事が発生しないようにしたいと考える人は大変多いです。
建築に詳しくない限り自分の目で見てもそれが正しいのか判断することは難しいため、不安が残る場合は第三者機関を利用し、新築一戸建て検査を行うようにします。
新築一戸建て検査はどの時期であっても第三者機関を利用することができ、着工が間近であっても大丈夫です。
第三者機関を入れることにより、ハウスメーカーや工務店との関係が崩れるのではないかと感じますが、実際に施工している現場では施工不良を探すのではなく、図面通りに施工が行われているかをプロの目で確かめるため、そのような問題は起こりません。
逆にプロの目によって指摘されることで、施工会社もその部分の品質を改善しますし、施主側としても何の問題もなければより信頼度が増します。
なお第三者機関によっては高圧的に検査を進めてしまうことがあります。
そのような場合は現場の雰囲気も悪くなり、関係性が悪化する可能性も出てきます。
悪化しないようにするには依頼をする会社に事前に確認をしておくと良いでしょう。

"

素人では新築一戸建て検査で瑕疵を見抜けない場合もある

"

新築一戸建てが完成した後は、新築一戸建て検査をして、問題がないかを確認します。
新築一戸建て検査は、素人であれば瑕疵があるかどうか判断するのは難しいです。
一見すると普通に見えても、施工上の瑕疵がある場合もあります。
そこで、専門的な知識を持った人を立ち合いさせるのもおすすめです。
こうしたサービスを提供している会社もあるので、利用すれば身近に専門知識を持った人がいなくても、専門家の頼りになることが可能です。
もちろんこうしたサービスを利用するのにはお金がかかりますが、もし工事に欠陥があった場合はそれ以上の損害を被ることとなるので、安心して住むためであれば出費は決して高いものとはならないでしょう。
新築一戸建て検査は、建築中であっても行うことはできます。
専門家も、完成後以外に建設中にチェックしてくれるところもあります。
過程をしっかり確認することで、瑕疵がない建物が買えることとなるため、活用を検討すると良いです。

"
に関する情報サイト
新築一戸建て検査について解説

こちらのサイトは、新築一戸建ての新居が完成して引渡し前に行われる施主検査について基本情報を分かりやすく解説しています。施主検査は新築一戸建て検査と呼ばれることもあるのですが、一級建築士など第三者機関を使うことで素人では判断ができない、確認が困難な箇所などのチェックが可能になります。プロの目で見て貰えるので住宅の不具合箇所をしっかり見極められますし、第三者による検査を実施することは作業者の意識向上にも役立ちます。

Search