第三者機関を使えばより安心!?新築一戸建て検査の基本情報を分かりやすく解説!

第三者機関による新築一戸建て検査の実施は作業者の意識向上にも役立てることができる

昨今では、集合住宅よりも新築一戸建ての方が高い需要を得る住まいとなっています。
2010年頃までは首都圏一帯で高層タワーマンションが人気でしたが、確かな資産という価値を有するものとしては土地付きも戸建てが信頼できるというわけです。
ここでは、新築戸建てを建設する際に必須となる新築一戸建て検査について、簡単に見ていくことにしましょう。
新築一戸建て検査とは一体何を意味する検査なのでしょうか。
1998年まではなされていなかった検査であり、1999年に改訂をされた建築基準法で設けられました。
これが住居の建設を依頼する方と、施工に携わっている作業員の意識向上を目的としているもので、計200項目の検査を実施しています。
調査会社が新築一戸建て検査をおこない、その結果をハウスメーカー側に提出とします。
一か所でも不備が見つかったらすぐに施工をやりなして正しい建築施工をしなくてはいけません。
意識向上と技術の向上にも役立っています。

新築一戸建て検査で手抜きがないか確認しよう

"

初めて家を建てる人は何事においても不安が生じることがあります。
一つ一つ丁寧に解決していかなくてはなりません。
事前にインターネットで情報を収集したり、詳しい人にアドバイスを受けたりすることが大事です。
特に新築一戸建ての建築を検討している人は、新築一戸建て検査についても知識を得ておく必要があります。
これは建築途中に行われる検査のことで、手抜き工事がないかどうかなどを確認するためのものです。
新築一戸建て検査は専門家が行います。
後々、欠陥住宅だったと後悔しないようにするためにも必要なことと言えるでしょう。
専門家といっても客観的にしっかり見てくれるので安心です。
もちろん施工主も立ち会います。
工事の途中で疑問点や不安点があるようなら、この検査時にしっかり解決しておきましょう。
出来上がってしまってからよりも、途中で問題を解決した方が、当然、後々困ることはありません。
素人だからといって遠慮せず、きちんと詳細を把握しておきましょう。

"
に関する情報サイト
新築一戸建て検査について解説

こちらのサイトは、新築一戸建ての新居が完成して引渡し前に行われる施主検査について基本情報を分かりやすく解説しています。施主検査は新築一戸建て検査と呼ばれることもあるのですが、一級建築士など第三者機関を使うことで素人では判断ができない、確認が困難な箇所などのチェックが可能になります。プロの目で見て貰えるので住宅の不具合箇所をしっかり見極められますし、第三者による検査を実施することは作業者の意識向上にも役立ちます。

Search